交付要綱、様式

○過去の助成事業
 
◆イベント開催助成事業

 ◆調査研究事業
 ・奨励研究
 ・課題解決研究
 ・共同研究

 ◆県北沿岸振興支援事業
 ・調査研究成果等活用等促進事業
 ・観光総合産業化モデル支援事業

 ◆事業化・商品化トピックス

 ◆三陸総合研究
 ホーム>>助成事業>>過去の助成事業
平成20年度以降の助成事業です。
イベント開催助成事業
 県内各地域の活性化を目指したイベントの開催や調査研究成果の実現化の取り組み等に対する支援

平成21年度
イベント名 内容 実施主体 助成額
城下盛岡うまいもの市 県内の歴史文化や産業を全国にアピールするとともに交流人口の拡大を図り、産業の活性化を図るため、盛岡市を中心とした県内各地の「市」、「産直」及び食に関連する団体・企画を結集したイベントを開催した。 城下盛岡うまいもの市実行委員会 7,000,000
平成20年度
イベント名 内容 実施主体 助成額
いわて三陸広域連携事業(海フェスタ連携推進事業) 「海フェスタ(7/1927)」開催による三陸沿岸のイメージアップ効果を持続させながら、引き続き3市2町が連携して、全国への情報発信に努めるとともに、大船渡港・釜石港の知名度を高め、港湾貨物の増加につなげるほか、広域的な観光ルートの検討を進め、今後の交流人口の増加と地域の振興・発展に結びつけることを目的に次の事業に取り組んだ。 6回海フェスタ実行委員会(大船渡市、釜石市、陸前高田市、大槌町、住田町)

18,000,000

                   
調査研究事業
 奨励研究:三陸地域に関する調査研究を充実させることや若手研究者の育成の目的として助成
 課題解決研究:三陸地域の抱える地域課題を解決することや三陸地域を活性化することを目的として助成
 共同研究:三陸地域の抱える地域課題を解決することや三陸地域を活性化することを目的として助成

平成21年度奨励研究
研究者 研 究 題 目 ・ 目 的 助成額

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所
部長補佐 笠井 宏朗

題目:三陸地域における酵母株の収集と有用機能探索
目的:三陸地域の海洋試料などから有用機能を有する酵母株を収集し、実用化の可能性を検証する。
299,926

一関工業高等専門学校
准教授 渡邊 崇

題目:三陸産ウニの高付加価値化・有効利用に関する研究
目的:三陸産ウニに環境ストレス(高浸透圧ストレスと低酸素ストレス)を与えることで可食部の呈味を向上させ、高付加価値化する。一方、廃棄物として多量に発生する非可食部(主に殻)から血圧降下ペプチドが得られるか検討し、有効利用を図る。
300,000

北里大学海洋生命科学部
講師 水澤 寛太

題目:エゾアワビの視物質の同定
目的:三陸沿岸において最も重要な水産生物の一つであるエゾアワビの視物質を同定することにより、養殖施設における光環境を改良し成長速度を向上させることを目指す。
300,000

北里大学海洋生命科学部
講師 三宅 裕志

題目:三陸沿岸におけるミズクラゲ類の生態について
目的:漁業被害を与えるキタミズクラゲおよびミズクラゲの野性生態を明らかにする。
300,000

北里大学海洋生命科学部
講師 三宅 裕志

題目:三陸沖の海底資源探索の試み
目的:三陸沖の深海底に眠る石油資源の可能性をさぐるために、石油物質が浮き上がって形成されるオイルスリックが定期的に見られる場所を衛星画像を用いて探索する。
300,000
平成20年度奨励研究
研究者 研 究 題 目 ・ 目 的 助成額

岩手大学農学部
准教授 村元 隆行

題目:日本短角種牛肉の肉色評価向上に関する研究
目的:日本短角種牛肉の肉色評価を向上させるため、肉色素の発色完了までに要する時間を調べ、枝肉格付時における肉色の最適な評価時期を明らかにする。
300,000

岩手大学工学部
准教授 山本 英和

題目:大船渡市における地震動予測地図の作成および小学校を対象とした地域防災意識啓発に関する研究
目的:大船渡市における宮城県沖地震を想定した地震動予測地図を作成する。および、小中学校を対象に出前講義を実施し、事前事後アンケートから出前講義が地域防災意識啓発に重要な役割を果たすことを証明する。
300,000

岩手大学教育学部
教授 菅原 悦子

題目:三陸地方の郷土食・行事食の再発見と、伝承の担い手育成への提案
目的:三陸地方に現在も伝承されている特有の郷土食や行事食に関して、食材、調理方法、伝統的な食べ方や行事とのかかわりを調査し、さらに伝承の背景を明らかにする。また、これらの郷土食や行事食を次世代に引き継ぐことの意義や効果を考察し、今後の伝承の仕組みや担い手の育成について提案することを目的とする。
300,000

岩手大学人文社会学部
准教授 浅沼 道成

題目:田野畑村における小学校統合に伴う地域再生に関する調査研究
目的:平成22 年実施される田野畑村の小学校統合に伴う小学校がなくなるという地域の不安に対して、統合後の地域づくりの方向に対して提言することが本研究の目的である。
300,000

北里大学水産学部
准教授 林崎 健一

題目:湾内環境モニタリングシステムの有効活用に関する研究
目的:湾内の漁業生産に影響を与える水温や風などの環境要因をリアルタイムにモニタリングするシステムを開発し、三陸域の各湾に配備することにより、養殖業や漁獲の合理的な管理・運営を可能とする。
297,000

北里大学水産学部
講師 水澤 寛太

題目:教育活動に有用な小型魚類行動観察システムの開発研究
目的:発生学および遺伝学において重要な実験動物である小型魚類「ゼブラフィッシュ」の行動をリアルタイムで観察・定量的化するツールを開発する。これを用いて魚類の行動に関わる先端基礎科学の研究を推進するとともに、実験現場を地域の児童・生徒に公開し、生命科学研究に対する関心を高める。
300,000
平成21年度課題解決研究
研究者 研究題目 ・ 目的 ・ 期間 助成額

NPO法人いわて地域づくり支援センター
常務理事 若菜 千穂

題目:教育活動に有用な小型魚類行動観察システムの開発研究
目的:発生学および遺伝学において重要な実験動物である小型魚類「ゼブラフィッシュ」の行動をリアルタイムで観察・定量的化するツールを開発する。これを用いて魚類の行動に関わる先端基礎科学の研究を推進するとともに、実験現場を地域の児童・生徒に公開し、生命科学研究に対する関心を高める。
期間:平成20年度〜平成21年度
900,000

北里大学海洋生命科学部
教授 児玉 正昭

題目:麻ひ性貝毒の簡易測定キットの開発
目的:実用性のある麻痺性貝毒の簡易測定キットを開発し、これを商品化する基礎を築く。
期間:平成20年度〜平成21年度
990,000

一関工業高等専門学校
教授 二階堂 満

題目:コンバージミルを用いた廃棄貝殻の有効利用
目的:三陸の廃棄貝殻の有効利用を目的とし、廃棄貝殻に他の原料を混合、高エネルギー付加型粉砕機(コンバージミル)でメカノケミカル粉砕し、機能性材料(ハイドロキシアパタイト)を合成することを目的とする。
期間:平成21年度〜平成22年度
492,800

北里大学海洋生命科学部
准教授 森山 俊介

題目:サケ頭部残滓からの機能性成分を高度有効利用した魚類の増養殖技術の開発
目的:サケ頭部の未利用資源から調製した魚介類の成長や成熟を促進する成長促進エキスおよび成熟促進エキスを配合した機能性飼料を開発して有効性および効果を観賞魚を含む増養殖対象魚種について実証し、これを高度有効活用することにより魚類の生産性を向上させる新技術を開発する。
期間:平成20年度〜平成21年度
1,000,000
北里大学海洋生命科学部
講師 山田 雄一郎
題目:岩手県沿岸におけるサケ幼稚魚の餌料環境の解明
目的:放流稚魚の生残率を増加させ親魚の回帰率を高水準に保つために、動物プランクトンの群集組成と生物量の季節的変化を精査することで沿岸域におけるサケ幼稚魚の餌料環境を解明する。
期間:平成21年度〜平成22年度
591,740

岩手大学農学部
准教授 三浦 靖

題目:甲子柿の最適な燻蒸脱渋方法および渋戻り抑制方法の開発
目的:甲子柿(小枝柿を燻蒸脱渋した柿)の優位性を高め、生産歩留まりを向上させる最適な燻蒸脱渋方法を確定し、生産者に広く活用を促す。さらに、賞味期間を延長させる保存方法や渋戻りしない加工技術を検討し、販売および加工領域のビジネスチャンスを創出する。
期間:平成20年度〜平成21年度
770,000

岩手大学工学部
准教授 高木 浩一

題目:パルスパワー技術の高度利用によるさんりくブランドきのこの収穫量改善目的:パルスパワー技術を利用して簡便な高電圧短パルス発生装置を開発し、きのこへの電気刺激による生産性向上を図る。多品種きのこの安定収量の確保や増収をもとに、きのこ関連業者を中心に、地域の活性化をはかる。
期間:平成20年度〜平成21年度
1,000,000
岩手大学農学部 准教授 木村 賢一
題目:三陸沿岸に生息する海藻由来の疾病の予防や治療に有効な物質の探索
目的:三陸沿岸に生息する、特に未利用の海藻類から人間の各種疾病に対して予防や治療効果を有する、構造や活性において新しい低分子機能性物質(バイオプローブ)を探索し、その単離精製、構造決定、並びに作用メカニズムの解析を行い、特許申請の後企業と共に開発の可能性を探る。
期間:平成21年度〜平成22年度
1,000,000
平成20年度課題解決研究
研究者 研究題目 ・ 目的 ・ 期間 助成額

北里大学海洋生命科学部
准教授 森山 俊介

題目:サケ頭部残滓からの機能性成分を高度有効利用した魚類の増養殖技術の開発
目的:サケ頭部の未利用資源から調製した魚介類の成長、成熟や適応などを促進する機能性有効成分を高度有効活用して、水産増養殖対象魚の生産性を向上させる増養殖技術を開発することを目的とする。
期間:平成20年度〜平成21年度
1,000,000

北里大学海洋生命科学部
教授 児玉 正昭

題目:麻ひ性貝毒の簡易測定キットの開発
目的:実用性のある麻痺性貝毒の簡易測定キットを開発し、これを商品化する基礎を築く。
期間:平成20年度〜平成21年度
990,000

NPO法人いわて地域づくり支援センター
常務理事 若菜 千穂

題目:教育活動に有用な小型魚類行動観察システムの開発研究
目的:発生学および遺伝学において重要な実験動物である小型魚類「ゼブラフィッシュ」の行動をリアルタイムで観察・定量的化するツールを開発する。これを用いて魚類の行動に関わる先端基礎科学の研究を推進するとともに、実験現場を地域の児童・生徒に公開し、生命科学研究に対する関心を高める。
期間:平成20年度〜平成21年度
900,000
岩手大学農学部
准教授 三浦 靖
題目:甲子柿の最適な燻蒸脱渋方法および渋戻り抑制方法の開発
目的:甲子柿(小枝柿を燻蒸脱渋した柿)の優位性を高め、生産歩留まりを向上させる最適な燻蒸脱渋方法を確定し、生産者に広く活用を促す。さらに、賞味期間を延長させる保存方法や渋戻りしない加工技術を検討し、販売および加工領域のビジネスチャンスを創出する。
期間:平成20年度〜平成21年度
810,000
岩手大学工学部
准教授 高木 浩一
題目:パルスパワー技術の高度利用によるさんりくブランドきのこの収穫量改善目的:パルスパワー技術を利用して簡便な高電圧短パルス発生装置を開発し、きのこへの電気刺激による生産性向上を図る。多品種きのこの安定収量の確保や増収をもとに、きのこ関連業者を中心に、地域の活性化をはかる。
期間:平成20年度〜平成21年度
1,000,000
東京海洋大学海洋科学部
准教授 佐々木 剛
題目:宮古市における市民参加による学習教材開発と実践
目的:宮古市における豊かな自然環境を用い、専門家でない一般の方でも指導できる学習教材を開発するため市民参加型のワークショップを開催し、一般市民や児童生徒を対象とした学習教材プログラムを作成し、教育実践を行う。
期間:平成20年度〜平成21年度
600,000
平成21年度共同研究
研究者 研究題目 ・ 目的 ・ 期間 助成額

北日本水産株式会社 代表取締役
 古川 末広
(大船渡市)

北里大学海洋生命科学部
教授 高橋 明義

題目:稚ナマコを食害する有害プランクトンのフィルター技術による除去
目的:ナマコの種苗生産においては、稚ナマコが有害プランクトンの一種コペポーダの食害を受けて、生残率が著しく低下することが大きな問題である。本研究では、フィルターシステムにより海水中に含まれるコペポーダを除去し、ナマコの安定生産に寄与する。
期間:平成20年度〜平成21年度
1,200,000
久慈琥珀株式会社代表取締役社長
 向 正彰
(久慈市)


岩手大学教育学部
准教授 田中 隆充
題目:琥珀の新たなイメージを開拓する新規琥珀デザインとその商品開発
目的:琥珀製品の購買促進のために、ジュエリー等の高級品だけにとらわれない従来の琥珀のイメージを脱却した新規性の高い商品開発のためのデザイン開発を行い商品化する。
期間:平成21年度
1,200,000

株式会社丸辰カマスイ
代表取締役会長
 田代 勝男
(釜石市)

岩手大学農学部
准教授 三浦 靖

題目:三陸沿岸漁獲のイサダ(ツノナシオキアミ)を利用した機能性素材の開発目的:三陸沿岸漁獲のイサダ(ツノナシオキアミ)を原料にして、(1)筋肉および内臓からタンパク質分解酵素製剤(食品加工助剤と品質改良剤)、(2)甲殻から栄養機能性素材(キチン、グルコサミン類)の製造技術の確立を行う。
期間:平成19年度〜平成21年度
1,200,000
株式会社アマタケ
代表取締役社長
 
甘竹 秀企
(大船渡市)

北里大学海洋生命科学部
准教授 佐藤 繁

題目:麻痺性貝毒除染効果を持つ新規二枚貝用飼料の開発
目的:麻痺性貝毒原因プランクトンの発生とそれに伴う二枚貝の毒化が、三陸地域をはじめ世界各地で頻発している。原因プランクトンの消失後も、二枚貝の多くは数カ月以上出荷規制値を上回る毒性を維持するため、二枚貝生産者や流通業者の経済的損失は深刻なものとなっており、近年解明されつつある二枚貝の麻痺性貝毒の代謝機構を応用し、麻痺性貝毒除染効果を持つ二枚貝用資料を開発しようとするもの。
期間:平成21年度〜平成22年度
616,000
平成20年度共同研究
研究者 研究題目 ・ 目的 ・ 期間 助成額
株式会社小西鋳造
代表取締役社長
 小西 信夫
(宮古市)

秋田大学工学資源学部
教授 麻生 節夫

題目:廃棄サーメットを再利用する高硬度肉盛溶接の検討
目的:「廃棄されているサーメットチップ」を高硬度化肉盛溶接材に再利用する技術を開発する。
期間:平成18年度〜平成20年度
1,200,000
NPO法人遠野山・里・暮らしネットワーク 会長
 糠森 隆

(遠野市)

岩手県立大学総合政策学部
教授 吉野 英岐

題目:新規定住を促進するための課題と方策に関する調査
目的:本研究は遠野市をはじめとする三陸地方での新規定住者の円滑な定着と、地域社会との共存を実現するために、必要な社会的条件を明らかにし、今後の地域社会の持続可能性につながる成果をあげることを目的とする。
期間:平成18年度〜平成20年度
600,000

株式会社丸辰カマスイ
代表取締役会長
 田代 勝男
(釜石市)

岩手大学農学部
准教授 三浦 靖

題目:三陸沿岸漁獲のイサダ(ツノナシオキアミ)を利用した機能性素材の開発目的:三陸沿岸漁獲のイサダ(ツノナシオキアミ)を原料にして、(1)筋肉および内臓からタンパク質分解酵素製剤(食品加工助剤と品質改良剤)、(2)甲殻から栄養機能性素材(キチン、グルコサミン類)の製造技術の確立を行う。
期間:平成19年度〜平成21年度
1,200,000

北日本水産株式会社 代表取締役
 古川 末広
(大船渡市)

北里大学海洋生命科学部
教授 高橋 明義

題目:稚ナマコを食害する有害プランクトンのフィルター技術による除去
目的:ナマコの種苗生産においては、稚ナマコが有害プランクトンの一種コペポーダの食害を受けて、生残率が著しく低下することが大きな問題である。本研究では、フィルターシステムにより海水中に含まれるコペポーダを除去し、ナマコの安定生産に寄与する。
期間:平成20年度〜平成21年度
1,200,000
                 
                                               


県北・沿岸振興支援事業
 調査研究成果等活用促進事業:基金の調査研究事業や大学、試験研究機関等の既存の成果を実証し産業を進めるための事業
 観光総合産業化モデル支援事業:県北・沿岸圏域の域内又は海外や他都道府県を含む圏域外との人的・物的な連携・交流を進めるためのモデル的な事業
 県内各地域の活性化を目指したイベントの開催や調査研究成果の実現化の取り組み等に対する支援

平成21年度調査研究成果等活用促進事業
申請者 実証のテーマ・取組みの概要 助成額

株式会社エイワ
代表取締役

 佐々木 政治
(釜石市)

実証のテーマ:NiフリーCo-Cr-Mo合金による生体材料素材製造開発
取組みの概要:生体適合性に優れたNiフリーのCo-Cr-Mo合金の活用による医療分野並びに一般産業分野における製造供給体制の確立を目指し、販路拡大を目指した市場調査活動を行うとともに、低コスト化を見据えた量産化の検討を行うため関係企業から技術的な指導を受ける。
1,200,000
株式会社小西鋳造
代表取締役社長
 小西 信夫
(宮古市)
実証のテーマ:廃棄サーメットを再利用する高硬度肉盛溶接材料の実用化
活用する
取組みの概要:廃棄サーメットを有効利用した溶接棒を開発・製品化し新規市場開拓を行うとともに、エコ・リサイクル面での社会的アピールを図る。
1,200,000

石村工業株式会社代表取締役社長
 石村 眞一
(釜石市)

実証のテーマ:ワカメ高速塩漬装置を利用した水産加工用原料凍結ブロックの解凍時間短縮化技術の開発および実用化
活用する研究成果@:産業化を考慮したワカメおよびコンブの高速塩漬方法の開発および該塩漬で生じる塩水廃棄物の有効利用法の検討
取組みの概要:ワカメ高速塩漬装置の改良および解凍条件の把握をし、生産現場における解凍方法等の実態調査を行う。
1,200,000
平成20年度調査研究成果等活用促進事業
申請者 実証のテーマ・取組みの概要 助成額
大黒醤油株式会社
代表取締役
 坂本 剛

(軽米町)
実証のテーマ:岩手県北産の雑穀を使用した五穀麹味噌の製造開発
取組みの概要:もちあわ、もちきびの工業的製麹法を共同事業者から事業主体に技術移転し、さらに共同で企業の設備に合わせた調整を行う。これによって造った雑穀麹に従来の米麹を配合した味噌の製造試験を行い、ひえ味噌(100ひえ麹使用)よりも価格が安い五穀麹味噌の製造販売につなげる。
1,200,000

石村工業株式会社代表取締役社長
 石村 眞一
(釜石市)

実証のテーマ:産業化を考慮したワカメおよびコンブの高速塩漬方法の開発および該塩漬で生じる塩水廃棄物の有効利用法の検討
取組みの概要:湯通し塩蔵海藻製品の出荷基準に適合した最適な塩漬条件を確立する。 また、湯通し塩蔵海藻製品の製造に用いた飽和食塩水から調製した食塩(藻塩)のミネラル成分等の品質の把握と栄養学的な特徴を考慮した食品への利用法を検討する。
2,400,000
大野木工生産グループ工房森の詩  中村 隆
(洋野町)
実証のテーマ:ユニバーサルデザイン木工保育給食器の事業化可能性の実証
取組みの概要:ユニバーサルデザインを導入した保育給食器について、モニター調査を行い、製品開発に反映させるとともに、木工食器導入による教育的効果を広くPRすることにより、新たな販路を開拓し、産業化を進めるための取組みを行う。
960,000
平成21年度観光総合産業化モデル支援事業
事業主体 取組みの概要 助成額
平庭高原体験交流施設利用促進協議会
(久慈市)
平庭高原エリアをフィールドに都市住民と地域住民との交流の促進を図る。
 (1) 白樺村村民の募集
 (2) 白樺村村民と地域住民との交流会
 (3) 白樺村祭りの開催
 (4) 白樺の森の整備
 (5) 周辺ツアーの開催
 (6)
広報誌・DVDの作成
1,946,970
二戸市宝を生かした事業実行委員会 エコツーリズムと食をキーワードとした交流人口の拡大及び地域食材提供のしくみづくりに向けた取組み
 (1) エコツーリズムコースの設定
 (2) ガイド養成
 (3) モニターツアーの実施
 (4) 地域に伝わる料理の提供体制の整備
 (5) グルメコンテストの開催
3,000,000
みやこ食品加工・販売研究会
(山田町)
会員が連携して、カタログ販売の実施や昆布等の地域特産の原材料を活用した新たな加工品の開発により販路拡大を図るとともに、消費地において販売会等を実施し、宮古地方の食文化PRによる観光客誘致を図る。
 (1) 会員が顧客情報を共有・協力して直販するカタログ販売の実施
 (2) 地元の特徴的な農林水産物を使った新商品の開発
 (3) 三陸鉄道の主要駅や道の駅における試食会及び店頭販売の実施による観光客誘致の取組み実施
1,748,000
特定非営利活動法人久慈地域観光協議会 久慈地域を訪れる旅行者を地域内で回遊させ観光消費額の向上を図るため、駅を中心とする街なかの商店や施設等からの情報を基に、周辺散策に必要なガイドマップの作成等を行い、街なか観光による地域経済の活性化モデルを創出する。
 (1) 地元の商店や施設等から集める情報を基に、街なか観光のコンセプトを地域ごとに決定し、旅行者が街なかを散策するために必要なマップ等のツールを作成
 (2) 旅行者の街なか観光を促すための移動手段等を提供するための仕組みづくり
 
(3) 旅行エージェントや旅行者に対する情報発信
1,000,000
協同組合宮古市魚菜市場

圏域外の市場との相互物産交流による物販増及び観光客増の仕組みづくりを行う。
 (1) 高知市ひろめ市場及び秋田市民市場との相互物産交流の実施、継続的な取引に向けた検証
 (2) 旬の食材提供と観光客誘致のためのPR
 (3) 食材・調理方法等のPR、情報発信

1,448,000
平成20年度観光総合産業化モデル支援事業
事業主体 取組みの概要 助成額
みやこ食品加工・販売研究会
(山田町)
会員が連携して、カタログ販売の実施や昆布等の地域特産の原材料を活用した新たな加工品の開発により販路拡大を図るとともに、消費地において販売会等を実施し、宮古地方の食文化PRによる観光客誘致を図る。
 (1) 会員が顧客情報を共有・協力して直販するカタログ販売の実施
 (2) 地元の特徴的な農林水産物を使った新商品の開発
 (3) 三陸鉄道の主要駅や道の駅における試食会及び店頭販売の実施による観光客誘致の取組み実施
1,669,000
協同組合宮古市魚菜市場

圏域外の市場との相互物産交流による物販増及び観光客増の仕組みづくりを行う。
 (1) 高知市ひろめ市場及び秋田市民市場との相互物産交流の実施、継続的な取引に向けた検証
 (2) 旬の食材提供と観光客誘致のためのPR
 (3) 食材・調理方法等のPR、情報発信

1,387,000
社団法人川井村産業開発公社
(宮古市)

赤紫蘇を活用した新商品開発、PR及び新規取引先の拡大
 (1) 新商品開発
  @ 紫蘇梅ドリンク
   A 紫蘇酢
   B 赤紫蘇ゆかり関連商品(ふりかけ)
(2) PR及び販売活動
   @ 新聞広告及びパンフレットの作成
   A 関東、東北、関西、中部への販売活動

1,500,000
特定非営利活動法人久慈地域観光協議会 久慈地域を訪れる旅行者を地域内で回遊させ観光消費額の向上を図るため、駅を中心とする街なかの商店や施設等からの情報を基に、周辺散策に必要なガイドマップの作成等を行い、街なか観光による地域経済の活性化モデルを創出する。
 (1) 地元の商店や施設等から集める情報を基に、街なか観光のコンセプトを地域ごとに決定し、旅行者が街なかを散策するために必要なマップ等のツールを作成
 (2) 旅行者の街なか観光を促すための移動手段等を提供するための仕組みづくり
 
(3) 旅行エージェントや旅行者に対する情報発信
1,000,000
                 
                                              



さんりく基金 〜SANRIKU FUND