△下が電圧をかけた木、上がかけなかった木

「雷の落ちたところにはキノコがよく生える」という昔からの言い伝えがありますが、それをまさに実証した研究。人工的にキノコが生える木に、電圧をかけることでキノコの成長が促進され、およそ2倍の収穫が見込まれる。この成果はテレビ、新聞などで多数取り上げれられ、大きな注目を浴びた。それにより、国内企業2社で、電圧を発生させる電源の開発が進み、平成22年10月と11月に販売が開始された。

△学生がデザインした名刺入れ

岩手大学教育学部の田中准教授と久慈琥珀株式会社の共同研究はジュエリー以外の琥珀商品の開発と商品化を目的とした事業。学生がデザインした琥珀をあしらった名刺入れと財布が101日から販売されています。約300のアイデアから、アンケート調査などから厳選したもので、久慈市の久慈琥珀、やませ土風館、盛岡市のJR盛岡駅などで販売されており、今後販路拡大を予定している。
交付要綱・様式

過去の助成事業
 
◆イベント開催助成事業

 ◆調査研究事業

 ・奨励研究
 ・課題解決研究
 ・共同研究

 ◆県北沿岸振興支援事業
 ・調査研究成果等活用等促進事業
 ・観光総合産業化モデル支援事業

 ◆事業化・商品化トピックス

 ◆三陸総合研究
 ホーム>>助成事業>>過去の助成事業>>事業化・商品化トピックス
これまで助成した特徴ある事業の紹介です。

 学生がデザインした名刺入れが商品化!
助成年度 平成21年度
助成区分  調査研究事業(共同研究者) 
研究題目  琥珀の新たなイメージを開拓する新規琥珀デザインとその商品開発     
 研究代表者 岩手大学教育学部 准教授 田中隆光 
 共同研究者 久慈琥珀カ株式会社 代表取締役社長 向 正彰
 久慈市小久慈町19-156-133
 電話:0194−59−3821
 FAX:0194−59−3515
 URL:http://www.kuji.co.jp/index.html 
                  
 


















 雷でキノコが増える!
助成年度 平成20年度〜平成21年度
 助成区分  調査研究事業(課題解決研究)
研究題目  パルスパワー技術の高度利用によるさんりくブランドきのこの収量改善     
 研究代表者 岩手大学工学部 准教授 高木浩一 
                   

















さんりく基金 〜SANRIKU FUND